コンテンツへスキップ

米線。想像と違ったのでオリジナル出汁作った。

今日のお昼は先日カルディで買ってきた米線。

懐かしい〜ミンシェン。大連でよく食べていた。

でも残念ながら想像してた味ではありませんでした。

スープ一口飲んだら辛すぎて・・・半分捨てて、白だしを入れて出汁を作り直しました。
元の出汁は辛いだけで美味しかったので、単に捨てた量の分量だけ白だしを加えただけ。
これが、まぁ、ぴったりの好みの味になりました。
たぶん、そのままのスープがほんとの味でもっと美味しいのだろうけど、
辛いのが苦手だし、雲南米線の味で慣れてるので、すみません。

ホントは鶏肉の出汁取って、香辛料入れたら美味しいのだけど、
そこまで手をかけられないので、
そう言えば以前も簡単に和風だし、うどん出汁で食べてました。

良く行った毛糸や生地が売ってる大連市内の27広場にある貿易大世界。
最上階に有ったフードコート。
買い物帰りや(たまには途中で)色んな料理が頼めるこのフードコートは大のお気に入り。

何しろ1〜5元(当時の換算で1元は12円)で十分お腹いっぱいになるしね。
そこに雲南米線のお店が有って良く食べてた。
確か米線は5元だったなか?ごま油、干しえび、にんにく、ピーナッツ、もやしが入ってました。

スーパーに乾燥米線が売ってて、おみやげに買って帰ったけど、
大不評で誰も喜んでくれなかった。何しろ茹でるのに20分以上かかるのだ。
しかも茹で汁はドロドロ。

で、見つけたのが茹で米線。


これは結構活躍しました。

カルディの米線は、どちらかと言うとベトナムの米の麺に似ていて細め。
辛いのが食べれる人は、付いている出汁のほうがエスニティックで良いと思うけど、
私は、香草がないので、ネギをいれて和風出汁の米線

今、昔は売ってなかったものも簡単に手に入るけど、
近くに大きなスーパーとかがない島では、もちろん売ってないので、
通販に頼ります。
通販で何でも手に入るようになったけど、
ネックになるのが送料ですよね。
500円のものを買うのに、1個だとそれ以上の送料がかかって・・・諦める。

食料もそうだけど最近ホットプレートの電源ケーブルがなくて注文したら、
本体1680円、送料860円。計2350円。
たかが電源ケーブルだよ・・・・・と思ったけど無いと本体が使えないので注文した。
近くに売っていれば送料いらないのにね〜。

段々と車での買い物も大変になってくる。
欲しいものはそこら辺30分圏内には間違いなくないから、やはり半日かかる。

田舎暮らしは心地よく過ごしやすいけど、
もうひと段階年取った時の事を考えなければと、
米線をすすりながら思った次第です。