博多もつ鍋

一時、博多もつ鍋が、ブームになった事がある。 当時、博多で日本料理のお店をしていて、、 鍋はいろいろ種類を置い …

TAGS

一時、博多もつ鍋が、ブームになった事がある。
当時、博多で日本料理のお店をしていて、、
鍋はいろいろ種類を置いていたけど、
もつ鍋はメニューとしては置いてなかった。
ただ、酒の肴にもなるし、
最後にちゃんぽん麺を入れて食事にもなるので、
お店が終わってからの賄い食として、
新しいモツが手に入ると調理場でよく作って食べていた。
親しくしていた、取引銀行の支店長が、
閉店間際に「お腹がすいたー」と飛び込んできて、
すでにその日材料がすべて終わり、
店の従業員の賄い食を出した事がある。
その日はもつ鍋で、
賄い食といえども、我が家は当然、
出汁だけは、こだわりの昆布とかつおの本格的な出汁なので、
はっきり言ってそこら辺のもつ鍋専門店より、
絶対美味しいと自負している鍋。
とは言っても、個人個人の好みが有り、
我が家のように、濃い目のカツオ出汁であっさりした味のもつ鍋も有れば、
すき焼き風の甘い味付けの味もあり、
ブームに乗って東京の六本木に進出した、
老舗のもつ鍋店などはこのすき焼き風の味。
支店長は、このあっさり味のもつ鍋がお気に召したようで、
感激ひとしおで、
「今まで、こんなうまいもつ鍋は初めて食べた!」となり、
ついには酔いも誘って、
このもつ鍋は最高だ!これは絶対に流行る!
とうとう「もつ鍋店」出店しようと言う事になってしまった。
銀行融資、5千万。支店長枠で一発決定だって・・・・。
それから凄まじく忙しい日々が続いた。
店舗を捜して、より新しいモツの仕入先を開拓して、
野菜もこだわった。
駅前の小さなビルを1階から3階部分まで借りる計画で、
内装の設計図も頼み、後は契約という所までこぎつけた。
いよいよ本格的に始動開始という時に、
身内が急死して、それ所ではなくなり、
出店計画を一旦休止している間に、
誰からとも無く熱意が消えてしまったのだ。
店を出すって勢いだったのか・・・・。
ブームになった「博多もつ鍋」も、
1年で全国レベルのブームは過ぎ去り、
本場の博多でさえ平常に戻って、
考えたら出店しなくて正解だった。いらぬ苦労は避けれるなら避けた方が良い。
ただ、
商品化しようと工夫を重ねた我が家の「もつ鍋」は、
進化して残った。
大連ではこんな新しい牛モツが手に入る。
下処理が結構大変だけど・・・・・。想像以上に大変だけど・・・・。
ごめん、重ねて言わせて。ほんとに下処理が大変〜〜〜。
だって、黒のビニール袋にいれてバケツに入れてある・・・そのままの状態で。
でも何と言っても1斤(500g)10元(130円位)だよ〜。
こちらでは一般家庭では買わないようです。
日本で売ってる状態まで下処理するには結構な手間がかかるけど。

珍しく息子がもつ鍋が食べたくなったと言うので、
野菜たっぷりもつ鍋。

自慢の秘伝の出汁!と言いたいけれど、
単に昆布とカツオの出汁を取るだけです。
とくにこちらではインスタントの出汁パック。
後は薄口しょうゆと塩とにんにくのスライスを入れるだけ。
当時、もつ鍋はヘルシーと言われてた気がする、
でも、絶対有り得ないと思う。
冬場は3分も置けば、油脂の膜が張る。
口の中でさえ油が残る気がするのに、ほんとにヘルシーなんだろうか。
確かに野菜は山ほど食べれるけど・・・・。
一度ブームになった日本では、肉より高くなって、
そう沢山は買えないけど、
安いので、たくさん買い過ぎた。
油の消費量を考えるとぞっとする。
食べてしまってからから考えても遅いけど。
またもや隠してばかりはいられない露出の季節がやってくるのに、
(二の腕の露出が怖い・・・・)
今年もやはりダイエットは無理なようだ。
今年のモットーは、健康一番にしようか・・・・。

USER CONTENTS