カテゴリー

本日帰国

大連駅前の夕暮れ

曜日の感覚がなくなってしまってますが、
1週間の予定だったので、今日は金曜日。
昨日は午前中、打ち合わせ、
3時の高速バスで、「本渓」(小桂林と呼ばれている風光明媚な観光地)、
の実家に帰る友人たちをバス停まで送り、
お世話になったクリニックに挨拶に行って、
閉店間際に「温州城」(服、靴などのショッピングセンター)に滑りこみ、
花柄のipadケースを買って、
ホテルに戻った。

1週間の疲れがどっと出る。
夜は友人に電話をかけお茶かお食事かと思っていたのに、
身体が動かず、夕食もルームサービスという有様。
住み慣れた大連だけど、本帰国した後来てみると、
実感として感じ取れなかった中国の勢いを感じた。
何処に行っても、何処を歩いても、何処に立ち止まろうと、
ともかく元気で活気がある。
そして、限りなく親切だ。
日本からきたメンバーがそれぞれ大歓待を受け、
そこまでしてくれなくてもほんとに良いのにと思うほど、
到れリつくせりだった。
これは住んでいる時にはそこまで感じ無かった事だ。
意欲がある人は、時流に流されながらも元気で伸びていってる。
泳がないと、ここで手足を動かさないと、
置いて行かれるか流されてしまうので、必然的なのもあるのだろうけど、
ともかく覇気がある。
とは言っても、
ホテルの単なるチェックアウトに10分以上もかかったり、
人間が立て込んで、ひとつの窓口に集中して並んでいても、
遊んでいる従業員はお喋りして、決められた仕事しかしないとか、
臨機応変が効かず、客に対しての心使いより自分を優先する。
そんなところは少しも変わっていない。
中国は、
6年前より人も街も、社会の仕組みも、はるかに進化している。
それでも日本に帰ると、
メイン道路だけではなく路地の隅までごみ一つなく、
バスに乗ると夏でも制服制帽の運転手が運転し、
眼には緑が優しいのに、
それが当たり前だと思い育っただけにホッとする。
もしかしたら、もう2度と来る機会はないかも知れないと、
そう思って通り過ぎた、道。
あの重たいスーツケースを抱えて、
福岡までの片道切符で帰国して5ヶ月。
やっぱり縁は思い掛けない所に存在していて、
またそこに通じる道が出来てしまった。
不思議だなぁ・・・と思う。
ホテルのロビーで(こんなに人口が多いのに)
とても逢いたかった友人の心翠さんと偶然会えるしね、
有り得ない偶然が重なるとますます不思議。
きのうホテルの窓から、
大連駅前の夕暮れ。
大連駅前の夕暮れ
今から朝食を食べて、空港へ向かいます。
またね!大連!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    長崎県の小さな島でクラウドソーシングで仕事しながら暮らしています。