カテゴリー

旅順博物館

7月12日。旅順に行く事になった。
博物館は4度目。
以前、何回か訪れた頃は、
まだ外国人には解放されていなくて、日本人は立ち入り禁止だった。
ただ、例のごとく特別待遇。
うちの事務員さんのお兄さんが館長をしていてコネで入れたのだ。
息子が今日本にいて、日本語が少し出来るから学芸員の話を通訳出来るので、
夏休み帰国している時にと、半ば強引にその日の朝連れて行かれた。
7月1日、旅順は全面開放され、
博物館への入場も一般でも可能になったそうだ。
とはいっても、市内、まだ軍事関連施設付近は、
当然立ち入り出来ないのだろうな・・・。
旅順博物館にはすぐれた貯蔵品が沢山有る。
これを公開しないなんて・・勿体ない!
工芸品の細工物も凄いけれど、陶器も素晴らしい。
中国が培った文化が今更のように伝わってきた。
日本の博物館では考えられないほど、
間近で見れるし、写真撮影も普通にOKだと言われて吃驚したけど・・・。
この革細工はとても精密で、凄い。

人体も同じ革細工で、

影絵として、動きを加え上演していたようだ。

一番インパクトが有ったのが、この方。

もともとの姿はこんな方。
美人であると同時に、
身長が高いのに吃驚した。
大連の人が背が高い人が多いルーツはここら辺から?
現在は・・・・・・。

日本の博物館とか催しとかでは考えられないくらい、
すぐ手が届く距離で身近で見れて、
迫力が有った。
また、お目にかかれるかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

長崎県の小さな島でクラウドソーシングで仕事しながら暮らしています。