無くなっていた・・・。

以前からブログを見てくれていた友人からよく聞かれる。 「その後、部屋はどうなった?」 そうなんです。 夏休みに …

TAGS

以前からブログを見てくれていた友人からよく聞かれる。
「その後、部屋はどうなった?」
そうなんです。
夏休みに日本に帰国している間に、
部屋の配管設備を改装するので2週間だけという約束で、
知らないまま(私たちはまだ日本に居た)
必要な手荷物だけ運んで、
前の棟の「仮住まい」に移ったのでした。
約束の2週間が過ぎても、
数ヶ月経っても工事は終わらず、そのうち冬になり、
寒くなったからか、もちろん工事はストップ。
春節を過ぎても工事は始まらず、
春休み近くにコンコンと工事の音がしたので、
やっと自分の部屋に帰れると思ったのもつかの間。
想像も出来ない事態が・・・・。
お皿を一枚、コートを一着という具合で、
仮住まいに持って来ているうちに、
仮住まいの方に荷物が増えて来てはいたんだけど、
一体いつになったら部屋に帰れるんだ・・・。
やはりこの部屋はとりあえずの仮住まい。
そんなある日・・・・。
突然、
朝9時ころ電話があって、今日中に引っ越ししてくれ・・・だと。
え〜〜〜〜〜!さすが中国!
いや、いや有り得ないでしょう!
要は元の部屋の荷物を全部、
仮住まいの方に移動してくれという事らしい。今日中に。
幸い息子が春休みで家に居て、役には立たないけど、
荷物を捨てたとか、無くなったとか、文句を言われなかっただけでましだった。
ここは国営の賃貸アパートで、国が管理していたものを、
管理するのが面倒になったのか、部屋(まだ荷物が置いてある元の部屋)が有る棟を、
丸ごと貸してしまったんだそうだ。突然、全部ね。
だから、工事も中止。
あり得ない!・・でも中国だとあり得るんですよね。
こういう時は文句言っても正義も道理も通らないので、従うことにしました。
というか、
頑張っても元の部屋はバスタブも取り外したままだし、
工事の埃にまみれて、入るだけで咳き込むし、
仮住まいは、半年以上も住んでいると、馴染んできて、
もうまた引っ越すのも面倒になってきてたので、さほど未練はなかった。
何しろ工事中は、部屋の中に山が有りましたから。土の・・・。
まぁ・・・・・この状態、見た事がなければ、
普通の人は言葉で言っても想像できないと思うけど。
寝る所とお風呂が有れば、
もうどこでも良い!
基本的に住まいの注文は、
暑さ寒さがしのげて、台所が広めなら不便とは思わない。
春休みになっていたので、日本に帰国前で忙しい友人も、
親子で手伝ってくれて、どうにか半日で移動完了。
もう何が要るのか要らないのか、よく選別する暇もなくて、
とりあえずどうしても要るものだけ運び込んだ。
4部屋のものを3部屋に移動するのだから、
どう考えても入りきれなかった。
かなりのものを捨てた。
恐るべし!あり得ない事がおこる中国。
でも、4年も住んでいると、
私の中ではそんな事も大した問題ではなくなっている。
だから、仮住まいが今となっては立派な本住まいです。
問題は・・・・・。
仮住まいに移って、元の部屋からは必要なものだけ運んでいたけど、
(いつかは部屋の改装が終わると信じて、こつこつと半年にわたって)
随分と大事なものが元の部屋から消えていた。
カシミヤのコートや、アイロンや、変圧器、焼き肉プレートなど。
丼や、毛布なども消えていたので、
まぁ、冬を過ごすのに必要なものを工事の人が失敬したのだろう。
火事や地震で無くしたと思えば大した事ではない。
それより、なにより・・・・・。
先日からお世話になりっぱなしの友人に、
手作りの小物入れを作ろうと、
日本から大事に持ってきた久留米がすりや、
和服のパッチワーク用布を捜したけど、
どこにもない・・・。部屋中のもの全部開けて、捜したのだけど・・・
そんなぁ、とても大事なものだったのに・・・・。
何年も何年もかけて集めた布だったのに。
いや、まてよ、一番最初に持ってきた気もするし、
どこかに仕舞い込んだかもしれない。
そう思ってもう一度、くまなく捜してみたけど・・・・やはり無かった。
最近は、こんなかなり大きいショックにも、
めげずに、なんという事無く、立ち上がれる。
立ち上がるには落ち込んでないで何かしなきゃ。
先日買ってきたリバティの生地を並べてみてたりしたけど、
ふと思いついた。
いつの間にか汚れていた大島の着物。

汚してしまった大島の着物

日本でなら洗い張りにも出せるけど、
こちらでは無理なので、ほどいてブラウスでも作ろうかと思っていた。
これで作ろう!
縫い目をほどいて、切り分けた。
ベストかブラウスを作るとして、かなり端切れが出来るので、
そこのところを使って、小銭入れを作ってみた。
大島のパッチワーク小銭入れ

軽いし、取り出しやすいし、結構良いかも!(^^)!
和の生地はやはり落ち着く。

USER CONTENTS