カテゴリー

ボタンの値段

ボタン屋さんの店内ボタンがいっぱい

今度の瀋陽行きの目的「五愛市場」は、ほんと楽しみにしていた場所だった。
朝早く(午前2時とか3時)から営業していて、
お昼にはもう閉まってしまうと聞いていたけど、
ちょっとガセねたで、本当は午前5時開店らしい。

でもお昼で閉まってしまうというのは本当だった。
市場は明日の朝、6時頃に行く事にして、
今日はぶらぶらと瀋陽の町を散策。
ホテルは市場のすぐ前で、
買出しの便にも最高で、瀋陽故宮にも歩いて行ける。
部屋は綺麗で清潔でフロントの感じもよい。
今中国で伸びている、日本のビジネスホテルのようなチェーン店、
「如家」の五愛市場服装城店です。
ちょっとボタンの問屋さんに寄り道しました。
当たり前だけどボタンがずら~り。
ボタン屋さんの店内ボタンがいっぱい
大連で服をオーダーした時のまったく同じボタンもあって、
値段を聞いて数回聞きなおしました。
100個で??、ほんとに?1個の値段じゃないよね。
絶対聞き間違いと思ったけど、間違いなく100個の値段。
確か大連で1個5元くらいで買った全く同じボタンが、
100個入り(これが最小ロット)8元でした。
あ~~
私のカシミヤのコートには、
8毛(100毛=1元)のボタンが使われていたのか。
というか、他に選択肢がないのもあって、
日本人がオーダーしたシンプルなコートには、
みんなこのボタン選んでた気がする。
う~~ん。滅茶苦茶ぼられている。
それでも日本のボタンに比べたら安いのでやすいと思いこんでた。
200個で10元のボタンを友達と二人で買って半分分け。
今日の総仕入れ額、5元。

1 個のコメント

  • そうそう、あそこの市場は大量買いすれば、
    とってもお得!
    でも同じボタンを100個か…( ̄◇ ̄;)
    それに以前友達と行った時は広すぎて、
    一回りするだけで帰る時間になっちゃった!!
    次回は目的をもって、それだけ目掛けて
    行かなきゃね。(⌒-⌒; )

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    長崎県の小さな島でクラウドソーシングで仕事しながら暮らしています。