カテゴリー

朝市

昨日はホームページ作成の打ち合わせもあって、
大連市内のクリニックに行って、
内科の干先生の手料理をご馳走になって、そのまま泊めてもらった。
朝の空気は気持ちが良かったが、
大連はここの所はっきりしない天気が続いていたそうで、
いつもなら乾燥しててカラッとした暑さなのに、
今年は蒸し蒸しとしてて湿気が多いような気がする。
窓を開けると向かいの家の緑が目に入る。
ここは大連市内でも唯一、
まだ戦前の面影を残している家屋が壊されてない地区。

直ぐ裏の朝市がやっているので干先生といっしょに出かけた。
大体が安い大連の物価だけどさらに安いのが朝市。
大連に住んでいる頃は、最初に住んだアパートのすぐ前で朝市がやっていたので、
言葉もわからないままよく買いに行ってた。懐かしい大連の朝市。

大連の朝市は桃なら桃だけ売っていたり、
(500g2元(24円)、10個くらい)
日本の桃と違って熟れる前に収穫するのかちょっと硬めです。

とうもろこしならとうもろこしだけ。
4本で3元(36円)。
こどもの頃に食べたちょっと粘質のあまり甘くないとうもろこしです。

エビはまだ飛び跳ねているのが500gで28元。
私が住んでいた開発区では25元しなかったなぁ。袋いっぱい買っても30元(360円)!

でも今日の収穫は蟹。
渡り蟹が500g15元。いつもの値の半額以下です。
干先生がご馳走してくれた。

大きなお鍋いっぱい!
とうもろこしを茹でてるお鍋でついでに蒸してくれました。
出来上がり。

なんと今日の朝御飯は、
身が詰まっていてとっても美味しい「蟹」でした。
遠慮しないでもっと食べなさいと千先生から言われて3匹も食べてしまった〜
毎日朝市に行っていた頃を思い出して懐かしい。
あの市場の雰囲気、とっても好き。

1 個のコメント

  • 少し前まではこんな生活も当たり前だったのに、
    今の東京生活では見られない風景が新鮮に感じられます。
    楽しんできてください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    長崎県の小さな島でクラウドソーシングで仕事しながら暮らしています。