カテゴリー

米線

昨日、米線の茹で麺を見つけて買ってきました。
乾麺なら以前買ってきた事が有るけど、
15分でもまだ硬いくらい茹でるのに時間がかかって、
最近はもう米線を家で食べるのは諦めてた。
近くの紅梅市場の麺屋さんに、餃子の皮を買いに行ったら、
あれ?今まで無かった、茹でた米線の麺が置いてある。

茹で米線

一袋2元。
多目の2人前、少な目だったら3人前の量入ってる。
一見うどんの麺みたいだけど、
うどんよりはるかにこしが強く、ちょっと硬い。
弾力があって、つるつる、しこしこ、という感じで美味しい。
その名の通り、米の粉で作った麺で、
大連では結構この米線の店多いのだけど、
なぜか雲南名物なんだよねぇ・・・・。
鰹昆布出汁のティーバックで出汁をとって、
ごぼうや、しいたけや、人参など野菜を沢山入れて、
茹でた米線を入れて煮てみた。
別鍋で、昨日から塩していた、鶏肉の骨付きももから、
ちょっとだけ出汁用に切って、水から煮る。
良い出汁がでて、鶏肉も適当に塩味が付いていて美味しい。
最近の気温では冷蔵庫に入れなくて室内で大丈夫なので、
鶏肉の骨付きもも肉と、豚肉の塊は、塩をまんべんなく刷り込んで、
保存用ビニール袋に入れて置いてある。
使う時に、使う量だけ切って使えるからかなり重宝。
夏はかなり冷蔵庫で邪魔な存在だけど、
この時期だと我が家では台所のドアの外に置いてて大丈夫。
米線が温まった所で、鶏肉の鍋も、出汁も全部加えて、
生姜をすりおろして、ねぎをたっぷり入れて、
和風(?)米線。

和風だしの米線

大連に多い、雲南米線に近づけるなら、
出汁に、ごま油、干しえび、にんにく、ピーナッツ、
などを加えて、豆板醤、山椒の粉、香菜を入れたら近づくかな?
もやしが有ると、雲南米線風。
今日は材料が無かったので家にある有り合わせのもので作ってみた。
煮込み方が足りなくてちょっと硬かったけど、
和風出汁にも良く合う。
もしかして、焼きうどん風に炒めても美味しいかな。
あっ、すき焼きの後に入れても美味しいかも。
今まで気がつかなかっただけか、
それとも最近店頭に並んだか、
茹で米線。いろいろ使えそうじゃ有りませんか!
しかも2人前で2元という値段も嬉しいよねー。優れもの!!

4 件のコメント

  • >ナオさん、
    米線は、結構はまりますよー。
    今まで乾麺しか見つける事ができ無かったので、
    最初は家で米線が食べれると喜んだんですが、
    茹でるのに20分以上かかるんですよ。
    だからだんだん、使わなくなって・・・。
    最初はお土産に持っていったりしてたんですけどね。
    麺も美味しいけど(日本では食べた事がない食感)、
    雲南米線のスープも美味しいです。
    たぶんベースは鳥スープで、
    さっぱりした塩味です。
    山椒と香菜を入れなければ、くせが無いので、
    中華味が苦手でも大丈夫。
    一度あの味に挑戦した事があって、
    鶏肉を茹でたスープとにんにくピーナッツの刻んだもの、
    等でスープ作ったらなんとなく似てる味になりました。
    ピーナッツは、以前食べた店のに入っていたから、
    これがミソかな?と思って入れたけど、確かにひと味違いました。
    でも、正式な作り方と材料は分かりません。
    茹で麺でも、冬場は2~3日は大丈夫かな。
    乾麺だったら茹でるのに時間はかかるけど、日持ちはしますね。
    日本では見かけたことが無いので、
    是非リクエストして(お土産かな?)、食べてみてください。

  • >ナオさん、
    義母さん、作れるんですねー。
    今度是非、スープの作り方を聞いてきて下さい。
    作り方が未だに謎?なんですよー、よく食べるけど。
    香菜、私は結構好きです。
    我が家では食べるの私だけなので、
    あまり使いませんが、たまに買ってきて自分だけ使います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    長崎県の小さな島でクラウドソーシングで仕事しながら暮らしています。