カテゴリー

やっぱり寒い大連

今年は暖かい。
まさかこのままずっと暖かいのか?と思っても見たけど、
やっぱりそんな事は有り得る筈が無く、
木曜日からふたたび最高温度が零下の日がやってきた。
その日は日本人学校でブレードレイの講習会。
午前中で終わるので、出席してる同じ学年のお母さんたちで、
どこかでお昼でもという話になっていて、
新しく出来た「インターコンチネンタルホテル」の中華に行って来た。
さすが5つ星の豪華さ。部屋も立派。
でも、色々適当なものを頼んで、お腹いっぱい食べて、
割り勘してひとり85元。
税金15%を加えての値段なのでかなり安いかも。
メニューは中国語、英語しかないので、
どちらかが堪能な人が居ないと日本語だけでは結構無理かもしれない。
幸い、私たちは中国語が出来るお母さんが居て、
色々細かい事まで注文出来たけど。
料理はどれも美味しかった。
でも、ケンピンスキーホテルの中華の飲茶の方が、
私は好みかな?日本語通じるし。
帰りに、ホテルの1階に、
気になるCoffeeショップ兼ベーカリーショップが有った。
皆で覗いたけど、え~~~、ケーキ1個30元(ワンピース)
日本値段に直すと500円弱・・・・って、日本より高いかも。
普段3元くらいのスイーツに慣れていると、とても買える値段じゃない5つ星値段。
それにしては、中華はお値打ち価格。
帰り、雪も降ってないし時間もまだ早かったので、
27広場の貿易大世界まで頼んでいたカシミヤのコートを取りに行った。
大きな声では言えないが、(筒抜けに見えてる?)
このカシミア、開発区の生地屋さんで見つけた1斤(500g)30元の端切れ。
端切れといっても1mあるので2枚ゲット。
どうにか長めのピーコートが作れた。
暖かい。懐も暖かくて生地代、仕立て代込みで、200元(3000円弱)
100%ピュアカシミアです。日本では有り得ない贅沢。
もうひとつの目的がアンゴラの毛糸。
先日、コートの注文に行った時、見つけて買いました。
これも日本では考えられない500g150元。
250g買って、こんなの作りました。
その1。

その2。

やっぱりアンゴラは触って気持ちが良い。
このフリルマフラーが編んでみると意外と暖かく、
いろんな色で編んでみようと他の色を買いに行ったけど、
全部で数色しかなくて、あまり好きな色は無いし・・・残念!と思っていたら、
明日か、明後日、新色が入荷するんだそうだ。
近いならまた明後日以後来た方が良いと言われたので、
遠いけど、再度行く事にした。
毛糸が安く手に入るので、大連の長い冬も楽しくなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

長崎県の小さな島でクラウドソーシングで仕事しながら暮らしています。